価値と価格を把握

LED照明の価格と価値

LED照明とは発光ダイオードを使用した照明器具です。まだまだ、LEDの製造には技術や装置が必要です。その為、多量に生産できないので価格は安くありません。電力の多くを発光に使用、発光効率が良い為に低消費電力で従来の白熱球と同じ明るさになります。白熱球は長時間点けていると熱くなり、触れない位の熱を持ちます。LEDは発熱しない訳ではありませんが、低発熱ですので、安全と言えます。LED照明器具は効果な為、初期投資はまだまだ高いですが、省エネ効果はかなりあります。電気代金の違いは一目瞭然です。交換の頻度も蛍光灯とは比べ物にならないくらい低いので、届きにくい場所の照明にも最適です。照明器具も小さく、薄くなり、コンパクトでスマートです。

LED開発の歴史とこれから

LED照明は1990年代に青色ダイオードが発明されてから急激に普及されました。発明されたのはかなり昔の100年以上前でした。炭化ケイ素の塊に電流を流すと黄色く発光した事により、これがLEDの起源と言われています。その後の1960年代の赤色LEDの発明、1970年代に橙、黄緑のLEDが次々発明されましたが、LEDを白色、フルカラーで発光させる為にはどうしても青色LEDが必要で、そこから多くの日本人の力も加わり青色LEDが発明されました。最初はLED照明は高コストであった為、そこの課題を打破すべく、研究が続けられていました。そして今、一般家庭の照明としても普及されるくらい手頃な値段の照明になってきています。